自動車用品・部品のことなら 信頼と実績の九州SSKへ 豊富な品揃えと迅速な配送で、お客様のカーライフを強力にサポート!

  

■自動車用品・部品(バッテリー・プラグ・ワイパー・パーツ等)の総合商社
九州SSK株式会社 http://www.kyushu-ssk.co.jp/
Posted by at

2013年01月28日

バッテリーエンジニアが開発した欧州NO1チャージャー

バッテリーチャージャー&メンテナー


CTEKは全世界で300万台以上の販売実績を誇る高性能・高機能バッテリー
チャージャーです。フェラーリ、ポルシェ、アストンマーチン、ベントレー
ハーレーダヴィットソン、メルセデス、BMW、マセラティ、ランボルギーニ
ヤマハなどへのOEM供給しており、バッテリー充電・メンテナンスツールと
して使用を推奨されています。


従来のウェットをはじめ、メンテナンスフリー、ジェル、グラスマット、
AGM(OPTIMA等)、VRLA(HV車補機バッテリー)などのすべての鉛蓄電池に
使用できます。



世界特許8ステップ
マイコン制御による電圧・電流ダブルコントロール!!


①ディサルフェーション
激しく放電して電圧が極端に下がったバッテリーでも、パルス電流による
ディサルフェーションを行い充電を始めます。
(極板の損傷など物理的に劣化したものには充電できません)

②ソフトスタート
バッテリーが十分に充電を受ける状態になるまで徐々に優しく充電を
スタートします。

③バルクチャージ
バッテリーに負担をかけることなく、最大電流で一気に80%程度まで急速に
充電します。

④吸収・浸透充電
最適な定電圧で電流を制御しながらゆっくり95~99%まで丁重に充電します。
バッテリー液の損失を最小限に抑えます。

⑤分析
バッテリーが電力を保持できているかどうか、分析し良否判定します。

⑥リコンディション
必要に応じて使用することにより、高い電圧で電解質を均等にし、弱った
バッテリーのコンディションを整えます。
(極板の損傷など物理的に劣化したものは回復できません。回復度合いは
個々のバッテリー状態により異なります)


⑦フロートメンテナンス維持充電
100%までしっかり充電し、さらに満充電を維持します。この状態は最大で
10日間以内に制御されています。多くの他社充電器は、この状態を続ける
ため、過充電とバッテリー液損失の危険性があります。

⑧監視充電 パルスメンテナンス
充電を終了し、電圧が落ちた場合のみ、補充電を行います。これはもっとも
バッテリーに負担をかけずに、満充電を維持する安全な方法です。監視期間
が数ヶ月間に及んでも、バッテリーに一切負担をかけません。


24V車の充電は、単品ごとでOK!
24V車は12Vバッテリーが直列に2個つながっています。CTEKを使って一個ずつ
充電することによりバラツキを直して過充電を一切心配することなく満充電に
することができます。渡線を外す必要もございません。また、CTEK2台で一度
に充電することも可能です。


◆オプション




価格、製品内容などの問い合わせは、下記フォームまでお気軽にお問い合わせ下さい。
お問い合わせフォーム

その他のお得な情報も多数紹介しておりますので、そちらも合わせてご覧下さい。
九州SSKホームページ

  


■自動車用品・部品(バッテリー・プラグ・ワイパー・パーツ等)の総合商社
九州SSK株式会社 http://www.kyushu-ssk.co.jp/
Posted by 九州SSK at 13:28バッテリー

2013年01月10日

平成26年3月卒業予定の採用情報を公開いたしました。
詳細については以下の通りです。


【応募資格】 2014年3月卒業予定者
        対象:大学/短期大学/専門学校

【勤 務 地】 福岡地区及び北九州地区

【詳  細】 □合同企業説明会(主催:福岡商工会議所)
        2月19日(火曜) 福岡国際会議場
       (こちらはエントリーの必要はございません)

        □会社説明会及び会社見学 平成25年 3月 1日 ~ 3月30日(SSK)
        □一次試験  平成25年 4月 1日 ~ 4月20日
       
【会  場】 本社(福岡県粕屋郡志免町御手洗1丁目1-15)

【提出書類】 履歴書(一次試験当日にご持参ください。)

【エントリー方法】 当社ホームページ採用情報をご覧ください。


当社ホームページ採用情報に詳しい詳細を掲載しておりますので
そちらをご覧ください。

  
タグ :採用情報


■自動車用品・部品(バッテリー・プラグ・ワイパー・パーツ等)の総合商社
九州SSK株式会社 http://www.kyushu-ssk.co.jp/
Posted by 九州SSK at 20:00その他